埼玉県 坂戸市の歯科医院  かわばた歯科医院 【一般歯科・小児歯科・】
ホーム > 院長のひとり言

院長のひとり言



 ブラッシングにかける時間


投稿:院長


 

  前回までのコラムで、ブラッシングで大切な順は寝る前、朝起きたとき、そして毎食後というのはわかりましたが、では1回のブラッシングにかける時間ってどのくらいでしょうか?

 当院に治療に来られる方に「歯磨きにどのくらい時間かけています?」とお聞きすると、大体は「数分程度です」とお答えする方が多いように感じます。

 当然、残っている歯の本数にもよりますが、歯と歯ぐきを丁寧に磨くと、最低でも10分は必要だと思います。

 10分もブラッシングに時間を費やしたことがない方は、とても長く感じると思います。

 そこで、夜の効率的かつ効果的なブラッシング場所をお教えしましょう!

それはお風呂の湯船の中です! 湯船に浸かっていると、その日1日の疲れもとれリラックスしますし、体の血行も良くなります。もちろん、歯ぐきの血行も良くなります。

 ですから、この時、この場所でブラッシングすると時間を有効活用できる上、歯ぐきの血行も促進するので、特に歯周病予防に効果的なのです。



2015年3月23日(月)


 ブラッシングについて No2


投稿:院長

 前回のコラムにて寝る前のブラッシング(歯磨き)が大切ですと書きました。

では、次に大切なブラッシングタイムはいつでしょうか?

それは、、、、朝起きた時です!

 寝ている間は唾液(つば)の分泌も低下し、口の中の温度も高くなるため、口の中の細菌は活発化します。

 この時にプラーク(歯垢)が残っていると細菌繁殖し放題です。

そのため夜寝る前のブラッシングの次に朝起きた時のブラッシングが大切になるのです!

 いろいろな角度から健康を提唱しているお医者さんの中には「朝起きた時のつばは飲み込むな!」とおっしゃる先生もいらっしゃいます。

 それは、朝の唾液には夜の間に増えた細菌が多いということだと思います。

 朝ごはん食べた後に磨くからいいや!ではなく、まず起きたらブラッシングして、お口の中の細菌をリセットしてみてはいかがでしょうか?

 ブラッシング後に物を食べると「食べ物の味が変わるからいやっ!」という方もいますが、そういう方は歯磨剤(歯磨き粉)を使わなければ食べ物の味は変わりません。 

 夜、飲みすぎて、ブラッシングを忘れたお父さん!

朝起きたらまずブラッシングしましょうね!




2015年3月17日(火)


 ブラッシング(歯磨き)について


投稿:院長

 みなさんが毎日、むし歯・歯周病予防としているブラッシング(歯磨き)についてです

ブラッシングは1日3回食後にするのが基本ですが、実際には1日3回食事をするのに対し、朝・晩の1日2回ブラッシングする人が多いようです。

 確かに、働いていたり、外出ししてたりすると昼間のブラッシングは難しいかもしれませんね。

 そんな方でも大丈夫! 1日1回しっかりブラッシングする時間があればいいんです!

 ブラッシングで最も大切なのは寝る前です!

寝てる時は唾液(つば)の分泌量が減り細菌が繁殖する時間帯! この寝ている時にいかに細菌の繁殖を防ぐかがじゅうようです。

 まずは寝る前のブラッシングを徹底することから始めましょう(^-^)/




2015年3月13日(金)


 NACK5リレーマラソンに参加してきました!


投稿:院長


 8日の日曜に西武球場に行き、NACK5主催のリレーマラソンに参加してきました。

当日は、小雨の降る中、1.8kmのコースを5時間走ります。 我がチームは6人でタスキをつなげました。 その日、初めて会う人もいたのですが、目的は1つ!次の人にタスキをつなぐ!その思いはみんな同じなので、すぐに打ち解け、新しい仲間が増えました。感謝です! 

 普段、どうしても運動不足になりがちなのでいいイベントでした。

 よく食べ、よく寝て、よく動く、、、分かっていてもなかなかバランスよくはできないものですね〜。

 また、どこかで行われる大会を探して、みんなで楽しんできたいと思います(^-^)/

ちなみに写真中央の方は「ペヨン潤さん」(今大会のMCをされた方です)、右側はNACK5のキャラクター「らじっとくん」です(知らなかった、、、)




2015年3月10日(火)


 歯周病


投稿:院長

 歯医者さんに行くと何かにつけて話に出てくる歯周病、、、、。歯周病は40歳以降に歯を失っていく大きな原因となっていますが、一体、歯周病っていつからあったんでしょう?

 なんと! 歯周病は旧石器時代からあったそうです。

人類と歯周病との付き合いは大変古く、旧石器時代のネアンデルタール人の顎の骨にも認められるそうです。 また、最近では猿人の骨にも歯周病が見つかったそうです。

 猿と猿人の違いは、直立歩行と火の使用ともいわれますが、まさしく火を使うようになって以来、人類は歯周病に悩まされ続けていると言えるでしょう。

 そして、歯周病はギネスブックにも載っているのです。

なんて載っているかといいますと、「全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない。」と記載されているそうです。

 さあ、ブラッシングで歯周病予防です!なんでもおいしく食べて健康に!



 



2015年3月5日(木)


 


投稿:院長

診療室では、普段ゆっくりとお話できない歯のことや、歯のみならず、健康に役立つ情報などをいろいろと綴っていきたいと思っています。

よろしくお願いしますm(_ _)m



2015年3月4日(水)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

現在7ページ目を表示しています



かわばた歯科医院
〒350-0235 埼玉県坂戸市三光町43-2
049-283-8800

Copyright (c) Kawabata Dental Office All Rights Reserved.